中古車オークションの注意点

中古車オークションは低価格で売買が可能となるため、運が良ければコンディションの良い車両を安く手に入れることが可能ですし、逆にコンディションの良くない車両を高値で売却できる場合もあります。

中古車ですからそれぞれにコンデイションが異なるのが基本ですから、応札する側の目利きが良い車両を落札するための条件となります。
オークションは複数の団体が運営しているため、運営元が違えば基本的なルールも異なるケースがあります。

出品する車両は会場の専門検査員によってチェックを受けますが、チェックが甘い会場もありますし検査員の能力に問題がある場合もあります。一方の会場では修復歴に該当しても、別の会場では修復歴に該当しないと言ったケースも出てくるのです。

全てのオークションで統一化された基準が無いため、出品するオークションによって異なる部分が出てくると言えます。中古車オークションは代行業者に依頼して参加することになりますが、代行業者が加盟しているオークション会場によって異なる部分が多いため、代行業者の選び方も重要な部分となるのです。



中古車オークションでは出品票の情報と異なる場合や、落札後にトラブルが発見された場合にはクレーム処理が可能となっています。

ほとんどのオークション会場で対応することが可能ですが、クレーム処理による交換では基本的に中古部品となる点に注意が必要です。一般的には出品点からパーツの供給を受けて処理することになるため、パーツのコンディションを把握するのも難しいのです。



ですから信頼できる代行業者を選ぶことが大切なのです。

Yahoo!ニュースの情報が沢山詰まったサイトです。